miodarf / Pixabay

脱毛

脱毛サロンと脱毛器の違いってそんなにあるの?

投稿日:

「家庭用脱毛器を使えば、脱毛サロンに行くよりも安くなるし、手軽でいいかな」なんて考えている人もいると思います。しかし、家庭用脱毛器での脱毛は『通わなくて良い』『安い』というメリットがある反面、多くのデメリットがあります。

脱毛効果が低い

家庭用の脱毛器の最大の問題は、脱毛効果の低さと、照射面積の小ささです。脱毛サロンで使われている物よりも出力が低いものがほとんどなので、なかなか脱毛効果が現れてこないのです。家庭用脱毛器の使用者が持つ一番の不満は、この脱毛効果の低さにあるのです。

自分でやるので、脱毛し残した部分が出てくることも

何の指導も受けていない素人が脱毛をすることになるので、その施術はどうしても粗いものになってしまいます。そのため、ちゃんと脱毛していたはずなのに、一部分だけできていなくて、そこだけ毛が濃いなんていうことにもなりかねないのです。家庭用脱毛器は、脱毛サロンで使われる脱毛器よりも照射面積が小さいので、脱毛のし残しが出てくる可能性も高くなります。デリケートラインやワキなど、見辛かったりやり辛かったりする部位では、そうなることも多くなるでしょう。

うなじや背中など、見えない所は自分でやることが不可能

家庭用脱毛器の大きな問題は、自分自身でできる部位には限りがあるということです。うなじや背中など、自分の手が届かなかったり見えなかったりする部位は、自分ひとりではできません。かといって、誰かにやってもらうわけにもいきませんよね。家庭用脱毛器には、こうしたデメリットもあります。

痛みが強い物が多い

サロンで使われている脱毛器は、フラッシュ脱毛という痛みの少ない脱毛法を使っています。しかし、多くの家庭用脱毛器はレーザーや巻き取りといった強い痛みを伴う方法を使っています。自分で痛みを伴うことをやらなければいけないことを考えると、痛みが少なくてプロにやってもらえるサロンに通ったほうがいいかもしれませんね。

肌の問題は自己責任

脱毛サロンに行くと、初めに肌に関するカウンセリングを受けたり、脱毛前に肌をチェックします。これは、肌の状況によっては、脱毛をすることが危険だからです。家庭用脱毛器では、こうした肌の状態を考えた上での脱毛ができません。そのため、肌荒れが起きたり、腫れたりしてしまうことがありますが、それも全て自己責任となってしまいます。安さと手軽さを求めて家庭用脱毛器を買うよりも、もう少しお金を出して脱毛サロンに行った方が確実で安全でしょう。

The following two tabs change content below.
広島から日々美人発掘にせいを出しています。

-脱毛

Copyright© 安芸美人 , 2019 AllRights Reserved.